タイムシフトリクエストを投げレスポンスを確認する

arch4-2


■ パラメータの仕様

Time Shift Window は Get パラメータを渡すか、URL パスに含めることで再生可能です 例えば、MediaPackage の Endpoint URL へ Get パラメータで ISO 8601 もしくは Unixtime 形式で Startover window を指定可能です

https://xxxx.mediapackage.ap-northeast-1.amazonaws.com/out/v1/xxxx/index.mpd?start=2020-03-05T11:23:00+09:00&end=2020-03-05T11:24:00+09:00

詳しい仕様については (https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/mediapackage/latest/ug/time-shifted.html) を確認してください


■ 再生確認する

実際にパラメータを含めて再生することで、タイムシフト再生ができることを確認しましょう

DASH 再生確認ページ