MediaConvertでジョブを作成し処理を開始する

このステップでは MediaConvert でジョブを作成して HLS VOD 配信用のファイルを生成します arch5-3

今回は MediaConvert に予め用意した変換設定のファイルをアップロードして動画ファイルの変換を行います 変換設定の主な内容は以下の通りです

解像度 映像ビットレート 音声ビットレート/サンプリングレート GOP サイズ
1280 x 720 15Mbps 96kbps / 48kHz 60
640 x 360 1.0Mbps 96kbps / 48kHz 60
480 x 270 800kbps 96kbps / 48kHz 60

■ MediaConvert のジョブを作成

ジョブテンプレートを作成

  • マネージメントコンソールより MediaConvert にアクセス
  • メニューからジョブテンプレートを選択
  • テンプレートのインポートを選択
  • アセットの「aws-mediaconvert-job-sample.json」を指定する
  • テンプレート名を「convert-template」と入力して作成

ジョブの設定

  • 作成したジョブテンプレートをチェックして「ジョブの作成」を選択する

screenshot5-3-4

  • 入力 1 の参照を選択し、step2 でアップロードした動画を選択する

screenshot5-3-5

  • 出力グループの「Apple HLS」をクリックし、送信先を「s3://handson-archive-{自分の名前}/」とする

screenshot5-3-6

  • 「AWSの統合」をクリックし、サービスロールに step1 で作成した「MC-role-{自分の名前}」とする

screenshot5-3-7

  • 画面下部までスクロールして「作成」をクリック

  • 更新ボタンを押して、ステータスが「COMPLETE」になったことを確認する

screenshot5-3-2

作成した S3 バケットに戻ると配信用のファイルが生成されていることが確認できます

screenshot5-3-3

ステータスが ERROR の場合は、まず設定ファイル(JSON)の記載に誤りがないかご確認ください